予防接種・抗体検査

予防接種大阪市阿倍野区の山中脳神経外科・リハビリクリニックでは、インフルエンザ、肺炎球菌ワクチンなどの予防接種を行っています。インフルエンザ予防接種はお子様にも実施しております。また、生ワクチン・不活化ワクチンや抗体検査なども実施しております。

インフルエンザ予防接種

毎年のように猛威をふるうインフルエンザ。特にご高齢の方は重症化しやすいため、毎年、シーズン前に予防接種を受けることをおすすめします。
インフルエンザを完全に防げるものではありませんが、予防接種を受けておくことで、もし感染してしまった場合にも、重症化の可能性が低くなります。

インフルエンザ予防接種の費用

インフルエンザ予防接種 3,300円(税込)

高齢者肺炎球菌ワクチン

肺炎は年齢を問わず起こり得る病気ですが、肺炎で亡くなった方の約95%が、65歳以上の方で占められています。
肺炎の原因としてもっとも多い肺炎球菌は、その他にも中耳炎や副鼻腔炎、さらには髄膜炎を引き起こすことがあります。
肺炎球菌ワクチンの接種で、肺炎をはじめとするこれらの疾患の予防に努めましょう。
なお、高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種は、2022年4月1日から2023年3月31日まで、過去に成人用肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがない方は、5年に1度、受けていただけます。

高齢者肺炎球菌ワクチンの費用

高齢者肺炎球菌ワクチン 8,250円(税込)
接種費用が免除されるケースもありますので、詳しくは大阪市のホームページをご覧ください。

当院で実施しているその他の予防接種(生ワクチン・不活化ワクチン)

生ワクチン
予防接種の種類 費用
麻しん風しん混合(MR) 13,200円
麻しん 8,800円
風しん 8,800円
おたくふくかぜ 8,800円
水痘 8,800円

税込価格となります

不活化ワクチン
予防接種の種類 費用
A型肝炎 8,800円
B型肝炎 8,800円

 ※税込価格となります・1回あたりの費用

生ワクチンと不活化ワクチンについて

生ワクチンと不活化ワクチンの違いをご説明いたします。

特徴
原材料 接種回数
生ワクチン ウイルス・細菌の毒性を弱め、病原性を喪失させたものを使用 毒性の弱いウイルス・細菌によって免疫が高められるため、少ない
不活化ワクチン ウイルス・細菌の感染力を失わせたものを使用 免疫の向上は生ワクチンほどではないため、何回かの追加接種が必要
接種間隔
生ワクチン(注射)
生ワクチン(注射)接種後、別の種類の生ワクチンを接種 27日以上の間隔が必要
生ワクチン(注射)接種後、不活化ワクチンを接種 間隔の制限なし

抗体検査

抗体検査の種類 費用
麻しん(EIA法) 4,400円
風しん(HI法) 2,200円
風しん(EIA法) 4,400円
おたふくかぜ(EIA法) 4,400円
水痘(EIA法) 4,400円
A型肝炎 2,200円
B型肝炎 2,200円
Tスポット 7,700円

税込価格となります

TOPへ戻る
お電話でのお問い合わせ tel.06-6710-1515 受付時間/午前 9:00~12:00 午後 16:00~19:00初診WEB予約LINEドクター(オンライン診療) お電話でのご予約・お問い合わせ・ご相談初診WEB予約