頭痛

頭痛外来を行っております

頭痛外来を行っておりますほとんどの方が、一度は頭痛を経験したことがあるのではないでしょうか。日本人の3~4人に1人は、日常的に頭痛に悩まされている、いわゆる“頭痛持ち”だと言われています。
ただ、頭痛を感じたときに医療機関を受診する方は、そう多くありません。そういう体質だから・いつものことだからと我慢したり、市販の頭痛薬などで間に合わせている方がほとんどです。
しかし、頭痛の種類によっては、早期の検査・治療が必要なものも存在します。また、原因に応じて対処すれば、治る可能性も十分にあります。
辛い頭痛、慢性的な頭痛でお悩みの方は、当院の頭痛外来にご相談ください。

危険な頭痛と心配のない頭痛

危険な頭痛と心配のない頭痛頭痛の多くは、風邪に伴う一時的なものであったり、自然に治まるものであったりと、特別な治療は必要ありません。
しかし、そういった“よくある頭痛”と違った点がある場合には要注意です。たとえば、経験したことのない強烈な頭痛、だんだんと強くなっていく頭痛などがこれにあたります。
滅多に頭痛のない方に頭痛が起こったとき、いつもと違う頭痛だなと感じたときには、お早目にご相談ください。当院は、このような“危険な頭痛かもしれない”といったときにお気軽にご相談いただけるクリニックです。

危険な頭痛―脳疾患の原因となる頭痛―

脳疾患にかかわる頭痛は、命にかかわることのある、危険な頭痛に分類されます。
経験したことのない強烈な頭痛、だんだんと強くなっていく頭痛などがございましたら、お早目にご相談ください。

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか ?

  • 身体の片側に麻痺がある、力が入らない
  • 呂律が回らない、言葉や人の名前が出てこない
  • 物が二重に見える
  • めまい、まっすぐ歩けない
  • 意識が遠のく
  • けいれん

身体の片側の麻痺、呂律が回らないといった症状は、脳の病気と結び付けて考える方が増えてきました。しかしそれ以外にも以上のような症状が見られることも、多くの方に知っていただければと思います。

くも膜下出血

くも膜下出血脳の全体を覆う「くも膜」の内側で出血している状態です。
生活習慣病などによる動脈硬化により脳動脈瘤が生じ、その破裂をきっかけとして起こる病気です。
ガツンと頭を殴られたような経験したことのないほどの頭痛、吐き気・嘔吐、意識障害などが見られます。
脳動脈瘤が未破裂のうちにCT検査で発見し、治療を行うことが、くも膜下出血の予防にもなります。

脳出血

脳出血脳動脈が破れ、出血している状態です。
高血圧やそれに伴う動脈硬化の進行などが主な原因として挙げられます。
突然の強烈な頭痛、身体の片側の麻痺、吐き気や嘔吐、意識障害などの症状が見られます。

脳腫瘍

脳に生じた腫瘍です。
遺伝的な要因が大きいと言われており、血縁者に脳腫瘍の既往がある場合には、リスクが高くなります。その他リスクを高める要因としては、たんぱく質・脂質の摂取過多、ストレス、喫煙習慣などが挙げられます。
脳腫瘍は、数カ月をかけて少しずつ大きくなります。腫瘍が大きくなるにつれて、頭痛も強まります。頭痛の他、手足の痺れ、視力障害などの症状が見られることもあります。

心配のない頭痛―でも痛みが辛い頭痛―

これからご紹介する頭痛は、一般的に「心配のない」とされているタイプの頭痛です。過度に不安になる必要はありません。
しかし、患者様ご自身だけの判断で放置されることはおすすめしません。専門の医療機関を受診して、正確な診断を受け、必要な治療・対策を行うことで、より安心して毎日をお過ごしいただけます。

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか ?

  • ズキンズキンという頭の片側の頭痛(片頭痛)
  • 心身の緊張時だけ現れる頭痛
  • 片目の奥が痛む頭痛
  • 毎日同じ時間帯に起こる頭痛

このようなタイプの頭痛は、過度に心配する必要はありません。しかし必ず、お時間のあるときに専門の医療機関を受診し、正確な診断を受けましょう。

片頭痛(偏頭痛)

ズキンズキンと脈打つような痛みが特徴です。ほとんどは頭の片側で起こります。吐き気を伴うこともあり、日常生活に支障をきたすとお悩みの患者様もおられます。
脳血管の拡張によって三叉神経が刺激され、発症する頭痛と考えられています。
お薬による治療が可能です。

緊張型頭痛

身体や心が緊張を感じたとき、ストレスが溜まっているときに起こりやすい頭痛です。肩こりや首の痛みを伴うことも少なくありません。
長時間のデスクワークや車の運転、その他日常的なストレスの蓄積が主な原因と言われています。
お薬による治療の他、牽引や電気治療などが有効なことがあります。

群発頭痛

片方の眼の奥からこめかみにかけての強い痛みが特徴的な頭痛です。目の充血、鼻水などの症状が見られることもあります。比較的男性に多く発症します。
脳血管の拡張が主な原因と考えられています。そして喫煙や飲酒は、これを誘発するリスクだと言われています。
お薬による治療の他、酸素吸入による症状の改善が効果的だという報告もあります。

群発頭痛

片方の眼の奥からこめかみにかけての強い痛みが特徴的な頭痛です。目の充血、鼻水などの症状が見られることもあります。比較的男性に多く発症します。
脳血管の拡張が主な原因と考えられています。そして喫煙や飲酒は、これを誘発するリスクだと言われています。
お薬による治療の他、酸素吸入による症状の改善が効果的だという報告もあります。

TOPへ戻る
お電話でのお問い合わせ tel.06-6710-1515 受付時間/午前 9:00~12:00 午後 16:00~19:00初診WEB予約LINEドクター(オンライン診療) お電話でのご予約・お問い合わせ・ご相談初診WEB予約